Skip to content

“ぎんなんウェブ”は、1988年(昭和63年)3月より発行しております隆光山法永寺寺報「ぎんなん」のウェブ版です。

title2-oshirase

新型コロナウイルス感染症対策について

 当山では、新型コロナウイルス感染拡大の防止対策として、三密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避け、当面の間、毎月十三日のお講や各祭礼などお寺の行事において、《食事の提供を中止》しております。

 各祭礼等は例年通りの日時に行いますが、供養や祈願を申し込まれる方は、なるべく当日を避け、事前にお申し込みされることをお勧め致します。当日、参加される方は、マスクを着用し、人との距離を意識してソーシャルディスタンスを保って頂けますようお願い致します。

 また、法事や御祈祷などは通常通り行っておりますが、県外からの移動が困難な場合、お位牌を送って頂くなどして執り行っております。お気軽にご相談ください。

 その他、写経会、奉仕の日、つどいの場など参加者の有無に関わらず、予定通りの日時に準備しておりますが、この日に限らず、普段よりお寺は毎日開放しておりますので、この困難な時期、いつでも祈りの場、安心の場としてご利用頂けると幸いです。
title2-gyojiyotei

2022年1月

1月1日(土)新年開運除厄祈祷

【時間】9:00〜14:00
【対 象】どなたでもお参りできます。

新年をお迎えするにあたり、鬼子母尊神ご宝前において、1年間の開運隆昌、家内安全、交通安全、身体健全、受験合格など開運・除厄のご祈祷を行っております。ご都合に合わせて、時間内にお参りください。順番に新年開運・除厄のご祈祷を致します。ご祈祷を受けた方には、破魔矢・祈祷札をお渡し致します。どなたでもお参りください。

1月15日(土)月例写経会

【時間】13:00〜15:00 ※時間内出入り自由
【対象】どなたでも参加できます。
【参加費】無料。初回は写経セット(1,000円/お寺でも準備しております)をお買い求めください。

1月30日(日)奉仕日(除雪奉仕)

【時間】9:00〜11:00
【対象】どなたでも参加できます。
【準備するもの】必要なものはお寺で準備しておりますが、数に限りがありますので、各自ご準備していただくと有難いです。
【参加するには】事前にご連絡は必要ありません。簡単な作業です。どなたでも参加できます。

法永寺では、仏祖三宝へのお給仕として、年に7回、「奉仕の日」を設けて、お寺の草取り・清掃・除雪のボランティアをお願いしております。参加不参加は自由です。ご自分の意思に基づく、自分自身のご修行としてご参加ください。
時間は、毎回午前9:00~11:00です。時間内出入り自由です。作業終了後は、お菓子やお茶などを用意しておりますので、歓談しながら少しお休み頂いてお帰りください。
手袋や草取り鎌、スコップなど、奉仕作業に必要なものは用意しておりますが、数に限りがありますので、可能な方はご持参ください。

2022年2月

2月3日(木)節分会・護持会役員総会

【日にち】毎年2月3日
【時 間】節分会:10:30〜/豆まき/終了後、護持会役員総会
【対 象】護持会役員対象です。

毎年2月3日、「節分会」終了後、「護持会役員総会」を開催しております。護持会の活動報告、決算報告の承認、予算案の決議などが行われます。

2月19日(土)月例写経会

【時間】13:00〜15:00 ※時間内出入り自由
【対象】どなたでも参加できます。
【参加費】無料。初回は写経セット(1,000円/お寺でも準備しております)をお買い求めください。

2月27日(日)奉仕の日(除雪奉仕)

【時間】9:00〜11:00
【対象】どなたでも参加できます。
【準備するもの】必要なものはお寺で準備しておりますが、数に限りがありますので、各自ご準備していただくと有難いです。
【参加するには】事前にご連絡は必要ありません。簡単な作業です。どなたでも参加できます。

reiwa4-nenkai

甲子(きのえね)は大黒天のご縁日です。1年に6回〜7回あります。令和4年の甲子日は以下になります。

① 令和4年1月11日
② 令和4年3月12日
③ 令和4年5月11日
④ 令和4年7月10日
⑤ 令和4年9月8日
⑥ 令和4年11月7日

※大黒天神の日には「洗米/塩/酒/花/黒豆飯」をお供えしましょう


12月3日 当山「大黒天神大祭」

大黒天神を信ずる者は、現世安穏福祐自在 来世成仏疑いなし(大黒天神供養相承事)

広宣流布
大海は多くの川からの水で成り立っている。土と岩は積もってスメール川(須弥山)になる。日蓮が法華経を信じはじめた時は、日本の全ての人々と比べると私は大海の中の一滴の海水や一握りの山の土のようなものであった。しかしながら、信者の数が二人から三人に、そして、数百人、数千人、数百万人に増えれば、その時それは仏陀の境地の巨大なスメール山、巨大な涅槃の大海となる。
(撰時抄・1275年・53歳・身延にて・昭和定本1054頁)
title-yomimono
title-jinkyoan
1200x700-jinkyo

青森市鶴ヶ坂の法永寺の布教所「深敬庵(じんきょうあん)」です。現在、法永寺院首(前住職)が原始仏典の研究と布教活動に専念しております。

深敬庵便り

【準備中】不定期に法永寺院首(前住職)が「深敬庵(じんきょうあん)」の様子をお知らせします。

等身大鬼子母神奉安

日蓮宗 隆光山 法永寺

〒037-0056
青森県五所川原市末広町14-1
TEL.0173-34-2924
FAX.0173-34-0211
E-mail
駐車場あり(約15台)

五所川原駅より徒歩で15分
五所川原駅より車で10分
※津軽自動車道をご利用の方は「五所川原北インターチェンジ」で降りると近いです。
※「五所川原保健所」真向かいです。

お気軽にご相談ください。

お悩み・悲嘆・困りごと・人生相談・信仰・仏事・お墓・終活・永代供養など。詳しくはこちら

※法務の為、留守の場合があります。事前にお電話などでご予約ください。

ご寄付・浄財などお振込先

郵便振替
(加入者名)法永寺
(口座番号)
02300 – 9 – 8301

お問い合わせ

法事などのご供養、ご祈祷、その他、ご相談など気軽にお寄せください。